税務調査と赤字法人




近頃の税務調査…赤字法人・タレコミ・IT・銀行・相続税



バードレポート 2002年4月22日 第397号

社内事情を知ってから調査


このご時世で内部告発やタレコミが急増のようです。「自分たちにはリストラを強いて、経営者ばかりいい思いをしてる。」と感じる時代なのでしょう。

派遣社員からのタレコミも目立つようです。調査中には調査支援タレコミメールが入るそうです。「調査官は何であの引き出しを見ないのでしょうか…」。

相続税に納税猶予制度があり、耕作をしていれば相続税を払わずに済みます。「あの家は耕作なんか全然していない」との匿名電話が公衆電話から来ます。

会社ばかりでなくご近所や遠縁からネタミやソネミ。きっかけは色々のようです。

パソコンは必須


税務調査もパソコン持参が当たり前です。調査先データをパソコンに落としデータのマッチングを行えば、異常項目の発見は容易です。

国支給のパソコンは重いとかで、調査官の超軽量私物ノートパソコンも使われているようです。調査先データを私物のパソコンに残すなと、上司は口をすっぱく指導しているとか…。

また情報のやり取りにメールは今や当たり前。そのため税務調査では社内メール情報を見ようとします。メールを見なくては調査が進まないという状況も生じています。

「申述書」でなく「聴取書」


調査で何か見つかると「申述書」を書かされ署名押印が求められました。でも実態は調査官が書いて署名押印を求めることも多々あります。当然に調査官に都合のよく書かれたものも多く、裁判等になると信用されないこともあるようです。

最近は「聴取書」です。調査官が相手から何を聴取ったかを文書に残すというもので、聴取った相手からの署名押印も求めます。応じなければ、その旨が「聴取書」に書き加えられます。

調査官が自分の責任で書くものなので「申述書」よりは裁判上も信用があるとか。なお「申述書」は形式上納税者によるものでコピーもとれますが、「聴取書」は調査官のものなのでコピーをもらえないでしょう。

相続税の銀行調査


相続税なら調査前から銀行への資産状況の照会がなされ、なにかあれば調査官はすぐ銀行に行きます。対象は相続人の預金ばかりでなく家族全員です。

預金預入時の署名押印付書類を、マイクロフィルム等から調査官は丹念に確認を取ります。それが誰の筆跡か、どの印鑑か、はすぐ分ってしまいます。

割引債は窓口で現金で買えば記録が残らないと言われました。でも窓口記録は残りました。「何時何分に70歳代の細身の女性がスーツ姿の40代男性に伴われて現金で1億円持ってきた。」

厳しい調査にビビッてしまう


相続税の調査。「家族全員の預金通帳を出してください」…「これで全部ですね」「これで全部と一筆下さい」…調査で家族名義の預金がでてきて…「あれで全部と言いましたよね。だからこれは家族の預金でなく故人の財産であり申告漏れです」…もちろんこれはやり過ぎです。認める必要もありません。でも一般の人はビビッてしまいます。

調査官はプロで相続人は一般の人でアマです。プロ対アマですから最初から勝負あり。

「故人のご趣味は?」「庭づくりでしたね…」なんていう思い出話を聞けば、古びた大きな庭石は高価なものでないか、課税できないかなんて考えています。プロ根性があれば当然です。


cats_back.gif





バードレポートとは


 
clip_blue_1.gif




前号

次号


関連する項目
路線価評価相続評価
相続税対策申告
相続対策と遺産分割
物納と相続税調査

このレポートと同じ年分リスト
2002年リスト




あんしん生命資料請求
  • 使わなかったら払った保険料が全額戻ってくる医療保険

保険ショップインフォ
  • 地域から探す
  • 保険ショップの使い倒し方

保険ショップ


バードレポート

Google
Web検索
当サイト検索

バードレポート項目別
不動産ビジネス手法
不動産賃貸経営
不動産と金融会計
定期借地権定期借家
不動産証券化
債務整理と企業再生
不良債権処理
債務処理の税務
相続税対策申告
路線価評価相続評価
物納と相続税調査
譲渡税買換特例
住宅税制住宅減税
固定資産税
税制改正
その他不動産税制
その他税制
相続対策と遺産分割
生命保険
その他不動産関連
その他
トピックス版・年別リスト
カネボウ劇場
発行元情報

バードレポート発行順
発行年順リスト
clip_blue_1.gif
clip_blue_3.gif