終身医療保険と一部転換制度




高齢者向けの終身医療保険…既契約からの一部転換制度で



2004年9月27日 第514号

保険業界は医療保険ブーム。「死ぬまで」入院保障の終身医療保険の新発売が続きます。

アメリカンファミリーの「EVER」が格安競争に火をつけ、東京海上あんしん生命の「メディカルミニ」オリックス生命「fit」が続きました。大手生保各社は引き離されます。

2004.9.22.の日経新聞での日本生命社長。

「医療保険は統計すらない未知の領域で、リスク見極めの巧拙が収支に大きく影響する怖い市場になっている。準備せずにでていっても、落とし穴に陥るかもしれない。高度な医療知識を持つ査定担当者の育成や的確な支払いを支えるシステム構築が重要。」

2004.9.23.の日経新聞には住友生命社長。(医療保障で外資にどう対応するかと問われ)

「外資系は中高齢層を安易に排除せず、リスクを保険料に反映させるなどして革新的な引き受け方をしている。我々も硬直した考え方を捨てて、中高年にふさわしい引き受けができるよう、統計分析を進めて基準を見直す。顧客が望む保険商品を提供する努力が不足していた。」

それぞれ医療保険開発の難しさを語っています。ちなみに損保ジャパンは、7月に新発売の医療保険についてわずか2ケ月で保障内容変更です。売れ過ぎで後が心配になったようです。

医療保険は開発する側にとって難しい商品のようです。

転換による医療終身保険


最近の注目のひとつは高齢者向けの終身医療保険です。

例えば第一生命の「医療の王道」という終身医療保険は対象が50-70歳です。高齢者向けの終身医療保険が増え商品選択の幅が広がったのはいいことです。

注目すべきはこの商品が過去の高予定利率商品の転換受け皿として利用されていることです。


転換とは保険の下取りです。従前契約を解約したとしてその解約返戻金を頭金に充当(単純解約より有利)して新契約に加入することです。

過去の高予定利率保険を解約させて低予定利率保険に転換させる等の問題も多発しています。

「転換は損」との認識が世間一般に広まったためか、従前契約を残し、その一部だけを転換する仕組みも生まれました。

高齢者に対し一部転換による終身医療保険勧誘が目立ちます。

以前での転換後は大型死亡保障保険でした。単品の医療保険に転換させるとは考えられませんでしたが、今では大手生保は各社可能なようです。

あるケース


ある一部転換お勧めは数年後に500万円の満期保険金を受け取るはずの高予定利率の養老保険を一部転換により終身医療保険するものでした。もうすぐ70歳。満期金500万円は老後生活のための虎の子資金でした。

うち満期保険金300万円相当部分を頭金に充当して終身医療保険に加入します。終身医療保障は魅力的です。本人はすぐにでも契約するつもりでしたが、偶然に里帰りした保険に詳しい娘さんがそれを知りました。

電卓片手に「転換すればなくなるはずの満期保険金300万円を受け取ってそれを預金にしたとして、その預金が何日間分の入院給付金や手術給付金に相当するか」を、親にとくとくと説明してこのケースでは契約をストップさせました。


従前契約が養老保険でなく満期保険金のない終身保険なら答えは違ったかもしれません。そしてこれは是非ではなく、ケースごとに正しい答えは違います。

保険会社経営サイドから見てこの転換は数百万円の積立金につき過去に約束した高利率運用をしないで済むだけでなく、医療終身保険にしてしまえば積立金は最後には支払わずに済む資金に転化します。保険会社の財務戦略としては正しいでしょう。

一方で高齢者の限られた資金の中では極めて悩ましい選択になります。確かにその保障は魅力ですが、ひとつ間違えると老後の生活設計が狂います。


一部転換の保険設計書公開…保険選びネット


cats_back.gif



生命保険選びネット

バードレポート発行元が運営する生命保険のサイトです。
保険選び 定期保険 医療保険 学資保険 保険見積 保険比較 保険相談 保険ショップ


バードレポートとは


 
clip_blue_1.gif




前号

次号


関連する項目
相続税対策申告
路線価評価相続評価
相続対策と遺産分割
生命保険

このレポートと同じ年分リスト
2004年リスト




あんしん生命資料請求
  • 使わなかったら払った保険料が全額戻ってくる医療保険

保険ショップインフォ
  • 地域から探す
  • 保険ショップの使い倒し方

保険ショップ


バードレポート

Google
Web検索
当サイト検索

バードレポート項目別
不動産ビジネス手法
不動産賃貸経営
不動産と金融会計
定期借地権定期借家
不動産証券化
債務整理と企業再生
不良債権処理
債務処理の税務
相続税対策申告
路線価評価相続評価
物納と相続税調査
譲渡税買換特例
住宅税制住宅減税
固定資産税
税制改正
その他不動産税制
その他税制
相続対策と遺産分割
生命保険
その他不動産関連
その他
トピックス版・年別リスト
カネボウ劇場
発行元情報

バードレポート発行順
発行年順リスト
clip_blue_1.gif
clip_blue_3.gif