不動産市場にジャブジャブのお金




日本の不動産市場にジャブジャブのお金が漂って…



2011年1月3日 第815号

円キャリーで米住宅バブル


数年前まで日本は円安・超低金利・お金ジャブジャブでした。

起こったのが「円キャリー取引」です。日本で調達した超低利余剰円資金を世界中での投機資金に回す利ザヤ取り取引です。


確実に大儲けできたようです。円キャリー取引での不安は円高になることだけですが、日本政府は景気回復のために円安堅持でしたから心配無用でした。

そうして日本のお金がアメリカ住宅バブル資金に流れ込み、その原因の一つになりました。

早稲田大学の野口悠紀雄教授は円キャリーが「サブプライムローンの増加の半分くらい」なのでは、といっています。

日本の預金者が金利ゼロで我慢し続けたことが、リーマンショックにつながったということです。世界はつながっています。

世界中にドルキャリー


アメリカ政府の処理策は日本の昭和バブル処理と同じでした。

米国ではリーマンが、日本では長銀や山一が破たん。公的資金投入も最初は米議会で否決されましたが、日本でも住専への資金投入も最初は否決です。しかし最終的に大規模投入されるのは同じです。金融機関は同じく国有化。ただアメリカのスピード感はすさまじく、日本のバブル処理の「早送り」でした。

日本のバブル崩壊後の不況対策はジャブジャブお金供給で超低金利と金融緩和です。しかし企業は借金返済優先で資金需要はなく、余ったお金が円キャリー取引に回ったのです。

アメリカも超低金利と量的緩和。すでに国内は金余りなのに、デフレ防止ドル安支援への11月の追加量的緩和は6000億ドル(50兆円)の国債を買い入れです。

アメリカでも特に個人は借金返済優先で資金需要はないようで、アメリカ政府はドル安推進。かつての日本と同じ。いよいよ「ドルキャリー取引」です。

「早送り」は続いています。日本が海外で引き起こしたことをアメリカもやります。アメリカ国内のジャブジャブお金は利ザヤを求め海外に飛びます。


新興国に押し寄せバブルを起こしています。世界でバブルとドル安を巻き起こします。

新興国は防戦です。ブラジルは外国人の債券投資に課税し、韓国は国内銀行の海外資金からの借り入れに賦課金を課します。

プラザ合意後の金融緩和が日本の昭和バブルを生みました。金融緩和がバブルを生みます。

アメリカだけでなく世界中で金融緩和です。新興国バブルだけでこの余剰なジャブジャブお金を吸収できるとは限りません。

円金利はドルより低く利ザヤはとれず、日本はデフレで魅力なしとしても、世界がバブルを予感すれば日本にも来ます。

日本も既にお金ジャブジャブ


白川日銀総裁が「これまでにない異例な世界に入っていく」とした昨年10月の日銀の包括緩和は5兆円です。内500億円はREITの買い取りに充当です。

日銀買い取り対象外の低格付け銘柄まで含めREIT価格は急上昇です。ジャブジャブお金のお蔭です。12月に第一弾として22億円を市場で買いました。

不動産市場はどうなるか


新興国は資産インフレ・バブルに突き進みます。日本がそうならないとは言い切れません。

2011年は新興国バブルで先進国デフレと言われています。

新興国にはジャブジャブのお金が満ち満ちてバブルです。日本の不動産や株式にもジャブジャブのお金が流れだしています。

「インフレからバブルにはなりますが、デフレからいきなりバブルにはならない(早稲田大学の川口有一郎教授)」

数年前のような家賃上昇からはじまる物件価格上昇は正しいインフレのようですが、空室増で家賃下落のデフレ下で不動産バブルは起こるはずがない?


何とも言えませんが、お金は世界からやってきて、もっともっとジャブジャブになります。



cats_back.gif





バードレポートとは


 
clip_blue_1.gif




前号

次号


関連する項目
不動産ビジネス手法
不動産賃貸経営
不動産と金融会計
その他不動産関連

このレポートと同じ年分リスト
2011年リスト




あんしん生命資料請求
  • 使わなかったら払った保険料が全額戻ってくる医療保険

保険ショップインフォ
  • 地域から探す
  • 保険ショップの使い倒し方

保険ショップ


バードレポート

Google
Web検索
当サイト検索

バードレポート項目別
不動産ビジネス手法
不動産賃貸経営
不動産と金融会計
定期借地権定期借家
不動産証券化
債務整理と企業再生
不良債権処理
債務処理の税務
相続税対策申告
路線価評価相続評価
物納と相続税調査
譲渡税買換特例
住宅税制住宅減税
固定資産税
税制改正
その他不動産税制
その他税制
相続対策と遺産分割
生命保険
その他不動産関連
その他
トピックス版・年別リスト
カネボウ劇場
発行元情報

バードレポート発行順
発行年順リスト
clip_blue_1.gif
clip_blue_3.gif