経営セーフティ共済




国営共済「経営セーフティ共済」は優れた法人税節税商品



2011年10月3日 第851号

法人税節税でよく使われるのは生命保険です。ただし生命保険での法人税節税は税制改正により徐々に困難になっています。

国営共済に「独立行政法人中小企業基盤整備機構」があります(国が99%出資、残りが日本政策投資銀行)。中小企業経営支援やベンチャー出資を行うとともに共済制度を運営します。

国営共済は節税商品


その共済の一つが通称「経営セーフティ共済」、正式名称「中小企業倒産防止共済」です。

案内には「取引先の倒産時に必要な資金を迅速に借り入れいただけます。しかも無担保・無保証人、借入最高額は積立金額の10倍です。」とあります。

毎月最大20万円の共済掛け金を払います。取引先倒産時には掛け金の払込額(積立金額)の10倍までの緊急借入が可能なのです。300万円積み立て済みなら3000万円の借入です。

さて、これを節税商品として使います。毎月の掛け金限度額は20万円で積立額総額の限度額800万円です。そして40ケ月以上掛け金を払い続けての後の解約ならば積立額全額が戻ります。

毎月20万円で40ケ月、800万円を積み立てたら、解約しても800万円全額が戻ってくるのです。にもかかわらず、掛け金払込時に税務上の損金なのです。

社長の役員給与を月20万円減額する等して、経営セーフティ共済に毎月20万円の掛け金を払うようにします。つまり退職金積み立てを損金で行うのです。

800万円までは損金で積立(実質的貯金)を続けられます。800万円になったら払い止めにしそのまま放置します。社長の退職金支払時その他必要な時に解約すれば800万円が返ってきます。


生命保険節税と同じです。また生命保険では全額損金には制約があるし、普通全額は戻りませんが、こちらは全額戻るし問題なく損金です。何しろ法律(措置法66条の11)によって「この共済制度の掛金は損金の額に算入する」と明確にしています。

期末になって利益が出過ぎそうなら利益調整に使えます。通達(措通66の11-3)で「この掛金の前納は期間1年以内なら損金」と明確にしていますから。

12月決算法人で1月から12月まで毎月20万円払い、12月に向こう12ケ月分240万円前払いしても、その全てがその期の損金にできます。利益が出たら慌てて1年分前払いするのです。

生命保険節税には解約返戻金額にピーク時があるので解約時期が制約され、その時期に退職金支給等の損金計上ができないと多額の法人税です。だからといって解約しなければ解約返戻金は最後にはゼロになります。

一方でこの経営セーフティ共済なら解約時期は任意です。つまりそのまま放置でOK。解約時期を自由に選べ極めて使いやすい節税商品です。ただ上限が月20万円で総額800万円だけであり、それ以上は使えません。


生命保険節税を考えるならこの経営セーフティ共済を優先させて、それでの不足分が生命保険となります(民業圧迫?)。

掛け金減額は事業規模縮小時等制限があります。増額に制限はありません。対象は法人と事業所得の個人です。不動産所得なら個人不可(措置法28条)、法人なら不動産賃貸業もOKです。

この経営セーフティ共済は2011年10月から上限額月額20万円で総額800万円になったばかりです。それまでは月額8万円総額320万円でした。

官僚天下り先だけれども


この機構の直前決算をみると300億円の損失、繰越欠損金8000億円。1兆円超の政府出資で欠損を充当し続けているのでしょう。もちろん官僚の天下り先であり、国庫補助金も受けます。

上限額引上げはリーマンショック不況からの中小企業救済という御題目による、官僚天下り先リーマンショック焼け太りの業務拡大といった図式です。でも、確かに優れた節税商品です。 

それに民間生保はつぶれるかもしれないけれど、ここなら郵貯簡保同様にその心配がない?。



cats_back.gif



生命保険選びネット

バードレポート発行元が運営する生命保険のサイトです。
保険選び 定期保険 医療保険 学資保険 保険見積 保険比較 保険相談 保険ショップ


バードレポートとは


 
clip_blue_1.gif




前号

次号


関連する項目
相続税対策申告
路線価評価相続評価
相続対策と遺産分割
生命保険

このレポートと同じ年分リスト
2011年リスト




あんしん生命資料請求
  • 使わなかったら払った保険料が全額戻ってくる医療保険

保険ショップインフォ
  • 地域から探す
  • 保険ショップの使い倒し方

保険ショップ


バードレポート

Google
Web検索
当サイト検索

バードレポート項目別
不動産ビジネス手法
不動産賃貸経営
不動産と金融会計
定期借地権定期借家
不動産証券化
債務整理と企業再生
不良債権処理
債務処理の税務
相続税対策申告
路線価評価相続評価
物納と相続税調査
譲渡税買換特例
住宅税制住宅減税
固定資産税
税制改正
その他不動産税制
その他税制
相続対策と遺産分割
生命保険
その他不動産関連
その他
トピックス版・年別リスト
カネボウ劇場
発行元情報

バードレポート発行順
発行年順リスト
clip_blue_1.gif
clip_blue_3.gif