門松は冥途の途の一里塚




門松は冥途の途の一里塚 目出たくもあり 目出たくもなし



バードレポート 1996年8月5日 第122号

 ・・・お正月になって門松を飾るようになると、また一つ歳をとることになる。新しい年を迎えるのは目出たいが、歳をとるのはあまり目出たくもない。・・・

そんな気持ちが「門松は冥途の途の一里塚 目出たくもあり 目出たくもなし」です。

さて相続税の上で、お正月は目出たいことでしょうか。

路線価はその年の元日から大晦日までは同じ数字を使うことになっています。大晦日と翌年の元日とでは路線価が違うことになります。

1日の違いが7800万円


一人暮らしの78歳の女性が元日に浴槽で亡くなっているのが発見されました。検視の結果、死亡推定時刻は大晦日午後10時でした。

女性は大津市に1000坪以上の自宅や農地を所有しており、大晦日の路線価で相続税を計算すると3億400万円、元日の路線価で計算すると2億2600万円。差は7800万円。

税務署は検視結果に従い、大晦日の路線価による相続税の課税処分を行いました。

一方で相続人は、(1)検視の医師は産婦人科医で法医学の知識に乏しく死亡推定時刻に科学的根拠がない(2)故人は「紅白歌合戦」を見た後に除夜の鐘を聞いてから入浴する習慣があった、として元日に死亡したのであり元日の相続税が正しいとして税務署長に対し訴訟を起こしました。

「冥途の途の一里塚」


正月に門松が立つ毎に相続税の路線価は改訂されます。

地価上昇期においては元日になると路線価がアップすることになり、相続税もアップしました。年をまたいで長生きすると、折角の長生きで相続税については「目出たくない」こととなりました。

地価下落期の現在は逆です。元日になると路線価がダウンします。そして相続税もダウンします。相続税の上でもお正月は「目出たい」ことになるのです。

長生きが最大の相続税対策


バブル期には長生きしたお蔭で相続税が倍増してしまったというような悲喜劇がたくさん起こりました。

いまは素直に長生きを喜べます。なにしろ長生きをしてその間の路線価の下落により「長生きが最大の相続税対策」になるのですから。

8月下旬に今年分の新しい相続税の路線価が公表されます。

新聞切抜省略


cats_back.gif





バードレポートとは


 
clip_blue_1.gif




前号

次号


関連する項目
相続税対策申告
物納と相続税調査
相続対策と遺産分割
路線価評価相続評価

このレポートと同じ年分リスト
1996年リスト




あんしん生命資料請求
  • 使わなかったら払った保険料が全額戻ってくる医療保険

保険ショップインフォ
  • 地域から探す
  • 保険ショップの使い倒し方

保険ショップ


バードレポート

Google
Web検索
当サイト検索

バードレポート項目別
不動産ビジネス手法
不動産賃貸経営
不動産と金融会計
定期借地権定期借家
不動産証券化
債務整理と企業再生
不良債権処理
債務処理の税務
相続税対策申告
路線価評価相続評価
物納と相続税調査
譲渡税買換特例
住宅税制住宅減税
固定資産税
税制改正
その他不動産税制
その他税制
相続対策と遺産分割
生命保険
その他不動産関連
その他
トピックス版・年別リスト
カネボウ劇場
発行元情報

バードレポート発行順
発行年順リスト
clip_blue_1.gif
clip_blue_3.gif