固定資産税課税台帳の縦覧




固定資産税課税台帳の縦覧に行ってみると・・。



バードレポート1997年4月7日 第154号

 今年は3年に1度の固定資産税評価額改定の年です。4月1日に課税台帳の縦覧が始まりました。東京23区では路線価も初めての同時公開です。(問題点・課題はバードレポート152号をご覧ください。)

さっそく初日に土地建物の台帳縦覧に行ってきました。窓口には列ができており、詳細な質問をする人もいて、職員にはピリッとした緊張感が感じられます。

まず、申込書を記入。窓口で本人確認の為に何かを見せろというので、認め印をだしたら、それで本人確認完了です。ここでは認め印が身分証明書代わりになりました。少し待つと「課税台帳」のコピーを渡されます。眺めると見慣れない欄があります。

「価格下落率 29%」。前年比下落率が計算され印字されていました。今年は価格下落率により税額が変わりますから、それを印字したのでしょう。

東京の城南地区45坪住宅地の評価額の過去と今です。

昭和60年・・・・・1801万円

昭和63年・・・・・1911万円

平成3年・・・・・・・2443万円

平成6年・・・・・・・9543万円

平成9年・・・・・・・6682万円

建物は木造で築6年です。税制改正で、築20年内の建物は減額となるはずで、確かに減額になっていました。

建物 平成6年・・・・493万円

平成9年・・・・・・・・・435万円

税金の額は総額で減りました。

税額 平成8年→平成9年

土地 218900円→213500円

建物 83900円→ 74000円

合計 302800円→287500円

1万5000円の前年比減です。建物の減額が効いています。土地の固定資産税は据置で、都市計画税が減額となりました。

次は固定資産税路線価図の開示です。路線価図1冊渡され「勝手に見ていい」とのこと。職員が見方を教えてくれコピーを無料でとってくれます。

下に相続税路線価と固定資産税路線価を並べました。細い路地に対してこまめに路線価がふられていることが目立ちます。また、同じ道路でも北側南側に別の価格を付しているところも目立ちます。この地域の相続税路線価は1万円単位(一部5千円単位)ですが、固定資産税は千円単位です。

随分と細かく作ったな、と思えるものでした。時期に差はありますが全国で公開です。土地の価格査定・評価に際し、随分と参考になりそうです。特に私道に接している土地の評価等には有用でしよう。

路線価図表…しばらく工事中です


cats_back.gif





バードレポートとは


 
clip_blue_1.gif




前号

次号


関連する項目
定期借地権定期借家
譲渡税買換特例
住宅税制住宅減税
固定資産税

このレポートと同じ年分リスト
1997年リスト




あんしん生命資料請求
  • 使わなかったら払った保険料が全額戻ってくる医療保険

保険ショップインフォ
  • 地域から探す
  • 保険ショップの使い倒し方

保険ショップ


バードレポート

Google
Web検索
当サイト検索

バードレポート項目別
不動産ビジネス手法
不動産賃貸経営
不動産と金融会計
定期借地権定期借家
不動産証券化
債務整理と企業再生
不良債権処理
債務処理の税務
相続税対策申告
路線価評価相続評価
物納と相続税調査
譲渡税買換特例
住宅税制住宅減税
固定資産税
税制改正
その他不動産税制
その他税制
相続対策と遺産分割
生命保険
その他不動産関連
その他
トピックス版・年別リスト
カネボウ劇場
発行元情報

バードレポート発行順
発行年順リスト
clip_blue_1.gif
clip_blue_3.gif