保険に入るのが面倒な時代




保険に入るのが面倒な時代。 どの保険会社?どの保険?



バードレポート1997年6月23日 第165号

 終身保険1000万円(30歳男性、60歳まで保険料払込)の月払保険料。

N社 16,730円

T社 15,800円

S社 14,530円

一番安いS社は「無配当保険」。保険金も解約金も当初約束のとおりで多くなることも少なくなることもありません。運用部分の利率は3.1%です。

二番目のT社は、「利差配当保険」です。年2.9%で運用できる見込みでの保険料を計算していますが、それ以上に運用できたならば、その分を5年毎に計算して「配当金」として契約者に配分されます。

一番高いN社は、「有配当保険」です。運用は2.75%で計算してそれ以上の運用分は毎年「配当金」で配分します。更に保険会社の経費が予定より少なく済めば配当金として契約者に配分し、予定よりも死亡保険金の支払いが少なければその分も配当金で配分します。

昔からの日本の生保会社は、「有配当」と「利差配当」が多く、損保子会社の生保会社は「利差配当」、外資系の生保会社は「無配当」が主流です。

10年前には、20数社だった生保会社は今40数社。以前はどの会社でも同じ保険でした。ところが、自由化と国際化とバブル崩壊のために、今の生命保険は、各社で保険内容も保険料も大きな差がついています。

同じ「無配当」でも保険会社により保険料に差が生じていますし、「有配当」の配当額もかつての横並びから大きな差がつくようになりました。その配当金の比較はなかなか困難でしたが、日経新聞が大手中堅16社の配当金比較調査を行ない公表ました。会社ごとに重点的に配当する契約が異なり一概に優劣が付けられないことにご注意下さい。

日産生命の破綻以降週刊誌各紙は一斉に「危ない保険会社」探しを繰広げています。S&P(スタンダード&プアーズ)社が生保13社につき、保険金支払い能力を示す格付けを発表しました。13社中4社は生保自身の依頼による格付けで、残る9社は公開情報だけによる格付けです。(勝手に格付けされた各社は5月29日の日経新聞で怒りの反論を行っています。)

BBBは、「財務内容はまずまずであるが、経済環境、事業環境が悪化した場合、その影響を受けやすい」、Bは、「財務内容は不十分である。現状では保険金支払に問題はないものの、経済環境、事業環境が悪化した場合、その影響を受ける可能性がかなり大きい」です。AA・A・BBBが「安全」、BB・Bが「不安定」です。(新日本保険新聞97.6.16号より)

以前はどの保険会社も商品が同じだし大蔵省保護下で倒産の心配なんかは不要でした。今では、「どの会社」の「どの保険」にするかを自己責任で選ばざるを得ません。なんとも面倒な時代になったものです。

定期付き終身保険 S&P社による

の配当額 生保13社の格付け

会社名90年度

加入
94年度

加入
依 頼

格付け
公開情報に

よる格付け
日本1304013440AA+
第一1316012840
住友1344012090BBB
明治1304011940AA−
朝日1254011940BBB
三井1194011340BB
安田1104011940A+
千代田35002700
太陽1130011400BBB
協栄24852614
富国1304011940
東京02700
大同主力商品でないA+
日本団体主力商品でない
東邦無回答
第百無回答
(注)単位は円。契約年齢30歳、60歳払い込み満了、年払い、男性。死亡保険金は保険料払い込み中3000万円、満了後300万円。協栄は月払い。
(注)AA、A、BBB、BB、Bの順に格付けは高い。+,−は同じ格付け内の優劣を示す。
日本経済新聞 97.5.29,97.6.10,97.6.13より

cats_back.gif



生命保険選びネット

バードレポート発行元が運営する生命保険のサイトです。
保険選び 定期保険 医療保険 学資保険 保険見積 保険比較 保険相談 保険ショップ


バードレポートとは


 
clip_blue_1.gif




前号

次号


関連する項目
相続税対策申告
路線価評価相続評価
相続対策と遺産分割
生命保険

このレポートと同じ年分リスト
1997年リスト




あんしん生命資料請求
  • 使わなかったら払った保険料が全額戻ってくる医療保険

保険ショップインフォ
  • 地域から探す
  • 保険ショップの使い倒し方

保険ショップ


バードレポート

Google
Web検索
当サイト検索

バードレポート項目別
不動産ビジネス手法
不動産賃貸経営
不動産と金融会計
定期借地権定期借家
不動産証券化
債務整理と企業再生
不良債権処理
債務処理の税務
相続税対策申告
路線価評価相続評価
物納と相続税調査
譲渡税買換特例
住宅税制住宅減税
固定資産税
税制改正
その他不動産税制
その他税制
相続対策と遺産分割
生命保険
その他不動産関連
その他
トピックス版・年別リスト
カネボウ劇場
発行元情報

バードレポート発行順
発行年順リスト
clip_blue_1.gif
clip_blue_3.gif