生命保険海外ツアー




大口資産家向け・生命保険加入の為の・無料招待・海外ツアー



バードレポート第201号1998年3月23日

 シティバンク新宿支店の日本円普通預金のキャッシュカードを持ってアメリカへ行きました。シティバンク以外の銀行の現金支払機にそのカードを差し込み、いつもの4ケタの暗証番号を押すといとも簡単にドル紙幣がでてきました。キャッシュカードに国境はすでにありませんでした。

外国で生命保険に入ると・・


 さて海外旅行先のアメリカで生命保険に加入し、そのまま日本に帰ってくるとどうなるでしょうか。

50万円以下の罰金です。日本の居住者が、総理大臣の許可を受けずに、外国の生命保険会社に契約申込をすると「保険業法」違反になります。


 驚くことにこの保険業法は96年に抜本改正されたばかりの新しい法律です。ビッグバンだ、グローバルだ、という時代での恐るべき時代錯誤な法律です。

 大蔵省が法律で保険会社を保護しようとしても金融での国境は消えつつあります。現実にはこんな時代錯誤な法律で取締りなどできるはずもなく、今では黙認状態です。

 すでに日本の居住者に対する外国での保険契約販売が進められているようです。大きな理由は保険料の安さです。

 週刊文春98.1.22号によれば、あるカナダの保険会社に30歳非喫煙者が5千万円の期間10年の掛け捨て定期保険に加入すると、年間保険料は4万4500円、一方日本では比較的有利な保険会社でも10万9050円です。年齢が60歳ならばカナダ39万2500円、日本82万2650円です。日本の半値以下です。

 生命保険には多くの種類があり、また保険会社によって保険料も驚くほど違うようです。一般的には日本の保険料は北米に比べ1.5倍から2倍といわれています。保険料が安いかわりに、健康診断は厳しいようです。日本のように簡単な審査ではなく、場合によると一日がかりで、ぶ厚い告知書に記入させられ、検査用の血液をたくさん抜かれ……、と大変です。 保険料が日本に比べて安い理由はいくつもあります。このように契約時の審査が厳しいこと、人件費も安く効率がいいこと、資産運用での利回りが高いこと等です。

外国での保険金の相続税


 日本の居住者が、外国の生保から死亡保険金を受け取るときの税務は不思議な取扱です。親の死亡保険金を日本の保険会社から子供が受け取るとそれは相続税の課税対象です。

 ところが外国の保険会社だと相続税は非課税となり、一時所得の所得税が課税されます。相続税ならば生命保険金の非課税枠もあり、基礎控除もあり、税率も一般的には低く有利です。外国の生保にとっては不利のようです。

 しかし相続税率が70%にもなる大口資産家にとっては逆にメリットです。一時所得の税率は最大でも32.5%です。日本の生保から保険金を受け取っても70%が相続税で消えるのに、外国の生保ならせいぜい30%が所得税等で消えるだけで70%が残ります。

 また日本の生保は1社で5億円限度です。大口資産家の相続税には足りません。外国なら100億円でも大丈夫です。ここまでお読みになれば、そのうち日本で始まることの予想がつくでしよう。

「大口資産家向け生命保険加入の為の無料招待海外ツアー」


 主催は北米の保険代理店でしょうか。日本語通訳付で飛行機は当然ファーストクラス。そんな経費は代理店の利益ですぐペイできるでしょう。(そんなツアーは今はありません。)もちろんリスクは山ほどあります。保険会社がいつ倒産するか分かりませんし、予定利回りが確保できないかもしれません。為替リスクもあり、外国ではその後の保険契約メンテナンスも心配です。それでも保険料の安さは魅力です。

後日談

 驚きましたね。

 現実に、太平洋線のファーストクラスで健康診断の招待する外国の保険代理店保険会社が出現しているようです。保険料は10億円20億円といった超高額の設定もあるようです。

 米国のLLC(Limited Liability Company)制度とファイナンスと保険とを組み合わせたりと、凄まじい節税策の提案となっており、よく検討しないといけない提案もあるようです。

 昔の日本の

変額保険騒ぎのように、借入金でのパターンもあるようです。海外のドル建て外銀借り入れパターンもあります。生命保険契約の内容や税務の扱いばかりでなく、金銭消費貸借条項や解約条項その他について英語のよく分る弁護士税理士その他専門家を交えてびっしりと詰めてください。問題のある詐欺まがいの提案もあるようです。ひっかかっても自己責任です。

 日本サイドの権威ある専門家もわからないまま提案に応じている気配があります。

 なお税率はその後の改正で一時所得最大25%、相続税最大50%(2003年改正)となっています。

2003年2月 もうひとつ後日談

 シティバンク新宿支店の日本円普通預金のキャッシュカードを、シティバンク上海支店の現金支払機にそのカードを差し込み、いつもの4ケタの暗証番号を押すと、こちらではいとも簡単に中国の元紙幣がでてきました。本当にキャッシュカードに国境はありません。

cats_back.gif



生命保険選びネット

バードレポート発行元が運営する生命保険のサイトです。
保険選び 定期保険 医療保険 学資保険 保険見積 保険比較 保険相談 保険ショップ


バードレポートとは


 
clip_blue_1.gif




前号

次号


関連する項目
相続税対策申告
路線価評価相続評価
相続対策と遺産分割
生命保険

このレポートと同じ年分リスト
1998年リスト




あんしん生命資料請求
  • 使わなかったら払った保険料が全額戻ってくる医療保険

保険ショップインフォ
  • 地域から探す
  • 保険ショップの使い倒し方

保険ショップ


バードレポート

Google
Web検索
当サイト検索

バードレポート項目別
不動産ビジネス手法
不動産賃貸経営
不動産と金融会計
定期借地権定期借家
不動産証券化
債務整理と企業再生
不良債権処理
債務処理の税務
相続税対策申告
路線価評価相続評価
物納と相続税調査
譲渡税買換特例
住宅税制住宅減税
固定資産税
税制改正
その他不動産税制
その他税制
相続対策と遺産分割
生命保険
その他不動産関連
その他
トピックス版・年別リスト
カネボウ劇場
発行元情報

バードレポート発行順
発行年順リスト
clip_blue_1.gif
clip_blue_3.gif