離婚財産分与や限定承認




「離婚の財産分与」や「限定承認」で失敗しないために



バードレポート第208号1998年5月18日

 『上告人は昭和37年に妻と婚姻し、二男一女をもうけ、東京都新宿区の自宅に居住していたが、勤務先銀行の部下女子職員と関係を生じたことなどから、妻が離婚を決意し、昭和59年11月に上告人にその旨を申し入れた。

 上告人は、職業上の身分の喪失を懸念してこの申入れに応ずることとしたが、妻は、自宅に残って子供を育てたいとの離婚条件を提示した。

 そこで、上告人は女子職員と婚姻して裸一貫から出直すことを決意し、妻の意向にそう趣旨で、いずれも自己所有の自宅土地建物全部を財産分与として妻に譲渡する旨約し、離婚協議書及び離婚届に署名捺印した。

 ……上告人は、その後自宅から退去して女子職員と婚姻して一男をもうけた。……』


(平成元年9月14日最高裁判決より・字句を直しています。) 結婚して22年。潔くも自宅をそっくり妻に渡して、裸一貫。そうしてから不倫相手の部下女子行員と結婚。なかなかのドラマです。しかし、税金が邪魔をしました。

 妻に対して税金がかかるのではないか、と上告人氏は心配したようです。しかし、この場合に税金が心配なのは妻ではなくて、上告人氏の方です。上告人氏に対して2億円もの譲渡税がかかってきます。

 財産分与で不動産を妻に渡すと、売ってもいないのに時価で売ったものとして譲渡税の対象になります。土地を売却して現金化し、その現金をもって財産分与をしたと考えるのです。

 上告人氏は「裸一貫」ではなく、2億円の借金生活でのスタートとなってしまいます。そこで「税金がかかるのなら、財産分与はしなかった。錯誤だから財産分与は無効だ。」と主張し裁判を起こしたのです。もちろん元妻は「とんでもない」と争いました。裁判は最高裁までもつれこみ、最終的には、上告人氏の主張が通りました。

 上告人氏のような「夢」と「勇気」をお持ちの方は「不動産を財産分与すると譲渡税がくる」ことを忘れないように…。

 もっとも売却益3千万円までのマイホームなら通常では課税はありません。マイホーム売却時の3千万円特別控除が使えるからです。

 その際には離婚届出日以降に財産分与をすることが必要です。
妻にマイホームを譲渡しても身内への売却として特例は使えません。しかし、元妻(すなわち他人)にマイホームを譲渡するなら特別控除は使えるのです。

 なお「財産分与」であるのなら妻には所得税や贈与税はかかりませんが、登録免許税や不動産取得税はかかります。さて、他にも売買ではないにもかかわらず譲渡税がかかってくることがあります。

限定承認による相続


 残された借金が多いときに単純相続をすると大変です。借金すべてを引き継ぐことになります。負債が財産より多ければ、相続の放棄もあります。そして「父が時価1億円の土地を残したが、債務がいくらあるか分からない…」こんな場合のために用意されているのが「限定承認」という制度です。相続財産の限度内で負債を弁済するものです。債務だけを引き継ぐこともなく安心です。相続財産すべてを売却すればその限度で債務弁済し残りの財産が相続人のものになります。実際に売却するなら譲渡税も分かります。しかし、土地を売らずに済んでも、限定承認であれば時価で土地を売ったとみなして譲渡税がやってきます。

 上記の場合で「限定承認をして、債務を調べたところ債務はほとんど無く、土地も売らずに済みホッとした」としても、時価の1億円で土地を売却したものとして譲渡税がやってきます。実際の売却がなくとも売却したとみなされての譲渡課税には、「財産分与」「限定承認」「代物弁済」「法人への土地の贈与」「遺産分割の代償財産としての土地の提供」等があります。


cats_back.gif





バードレポートとは


 
clip_blue_1.gif




前号

次号


関連する項目
不動産ビジネス手法
債務整理と企業再生
相続税対策申告
その他

このレポートと同じ年分リスト
1998年リスト




あんしん生命資料請求
  • 使わなかったら払った保険料が全額戻ってくる医療保険

保険ショップインフォ
  • 地域から探す
  • 保険ショップの使い倒し方

保険ショップ


バードレポート

Google
Web検索
当サイト検索

バードレポート項目別
不動産ビジネス手法
不動産賃貸経営
不動産と金融会計
定期借地権定期借家
不動産証券化
債務整理と企業再生
不良債権処理
債務処理の税務
相続税対策申告
路線価評価相続評価
物納と相続税調査
譲渡税買換特例
住宅税制住宅減税
固定資産税
税制改正
その他不動産税制
その他税制
相続対策と遺産分割
生命保険
その他不動産関連
その他
トピックス版・年別リスト
カネボウ劇場
発行元情報

バードレポート発行順
発行年順リスト
clip_blue_1.gif
clip_blue_3.gif