トピックス20051006




申告書提出ミスで12億・アスベスト対応



バードレポート・トピックス版2005.10.6.

  • 申告書提出うっかりミスで12億円の加算税
  • 都心大型ビルの転売益はどのくらいか
  • 地方へ向かうファンドマネーと遠いバブルの記憶
  • テナントとしてオーナーとしてのアスベスト対応


申告書提出うっかりミスで12億円の加算税


関西電力は消費税248億円を納期限にしっかりと納付しました。しかし申告書提出をウッカリ失念します。これに対して国税側は国税通則法の定めどおりに本来の消費税額の5%相当額の12億円余についての無申告加算税の課税をしました。

税額は納付したにもかかわらず、申告書提出失念の単純ミスです。それに対して多額の行政罰が加えられ、関西電力はあわてます。

関西電力側としては、ちゃんと納付書に税額等を記載して申告期限内に納付しているし…、として情状酌量を求めて大阪地裁に訴えました。

大阪地裁は、12億円は確かに高額ではあるが、無申告加算税の税率5%は重すぎるものではないとして、9月16日に請求を棄却する判決を下しました。

都心大型ビルの転売益はどのくらいか


破綻生保の千代田生命が所有していた恵比寿プライムスクェアがモルガンスタンレーグループに売却されたのは2001年3月。価格は400億円だったといわれています。当時は「なんでそんな高い値段がつくのだろうか」と驚きの話題となりました。

2005年8月にこの恵比寿プライムスクェアがAIGグループに売却されました。金額は650億円です。

(日経不動産マーケット情報2005.10.)

大和(やまと)生命は千代田区内幸町の大和生命ビルを有限会社ロクメイというSPC経由で所有していました。このビルは鹿鳴館跡地です。明治の紳士淑女がダンスに興じ、文明開化の象徴となったところです。だから「有限会社ロクメイ」なのでしょう。

この大和生命ビルが635億円で不動産投資信託に売却されました。

さてこのビルは1998年に大和生命からゴールドマンサックスに証券化手法により450億円で売却され、大いに話題になりました。そして2001年に大和生命がSPC経由で590億円で買い戻します。

さらにそれから4年後の今年に635億円で再度売却されたのです。NOI(純収益)利回りは3.5%でした。

これにより大和生命は不動産所有リスクの低減を図ることができ、40億円の利益押し上げと、ソルベンシーマージン比率上昇が見込まれるとのことです。

(保険毎日新聞2005.9.29、ID不動産金融レポート2005.9.27、日刊不動産経済通信2005.9.27.)

地方へ向かうファンドマネーと遠いバブルの記憶


投資マネーが地方に向かっています。ある不動産投資信託は沖縄の「ジャスコ那覇店」を107億円で取得しました。不動産投資信託の地域別保有残高での九州沖縄のここ1年の伸び率は218%。ファンドの運用担当者の目は地方都市に向かっています。

米国の不動産投資会社ラサールは日本の地方物件は利回りが魅力として国際投資家に推奨しています。

(日経金融新聞2005.9.21、2005.10.3)

1990年前後の地価高騰は東京で生まれ大阪名古屋に移り、更に札幌福岡に移ります。札幌や福岡では、買換顧客や個人投資家向けの一棟売り賃貸マンションがどんどんと発売されました。

bird発行人もお客様の同行をして飛行機で買いに飛びました。売り手市場なので買いたくても買えません。すると宮崎や大分や旭川といった地方都市で同様のマンションが発売され、そちらに飛びます。

なにやら遠い昔のバブル期の新聞記事を読んでいるような錯覚にとらわれます。

テナントとしてオーナーとしてのアスベスト対応


日本生命は全国で賃借している400のビルのオーナーに対して、アスベストの使用実態を問い合わせます。オーナーが実態を把握できていなければ目視調査や浮遊粉じん濃度測定の実施を求めていきます。

日本生命は一方で、オーナーとして賃貸しているビルのアスベストの使用実態を明らかにしました。

全国の賃貸ビル421棟のうち吹き付けアスベストを使ったビルが18物件あり、うち9物件は除去等対策済み、9件はアスベストが安定した状態であるといいます。そしてアスベスト使用ビル18物件のテナントに対してはアスベストの実態を通知します。

国土交通省はアスベスト除去1uあたり費用の目安を発表しました。

処理面積300u未満なら2万〜6万円。300u〜1000uなら1万5000〜4万円。1000u以上なら1万〜2万5000円。価格には事前調査、仮設、廃棄物処理など除去工事のすべてにかかわる費用を含みます。

(日経不動産マーケット情報2005.10.)


cats_back.gif





バードレポートとは


 
clip_blue_1.gif




前号

次号


関連する項目
不動産ビジネス手法
不動産と金融会計
相続税対策申告
トピックス版2005年

このレポートと同じ年分リスト
2005年リスト




あんしん生命資料請求
  • 使わなかったら払った保険料が全額戻ってくる医療保険

保険ショップインフォ
  • 地域から探す
  • 保険ショップの使い倒し方

保険ショップ


バードレポート

Google
Web検索
当サイト検索

バードレポート項目別
不動産ビジネス手法
不動産賃貸経営
不動産と金融会計
定期借地権定期借家
不動産証券化
債務整理と企業再生
不良債権処理
債務処理の税務
相続税対策申告
路線価評価相続評価
物納と相続税調査
譲渡税買換特例
住宅税制住宅減税
固定資産税
税制改正
その他不動産税制
その他税制
相続対策と遺産分割
生命保険
その他不動産関連
その他
トピックス版・年別リスト
カネボウ劇場
発行元情報

バードレポート発行順
発行年順リスト
clip_blue_1.gif
clip_blue_3.gif