トピックス版2008.12.18.




米国不動産王新聞社買収・中小企業への資金は細る/トピックス版  



バードレポート・トピックス版2008.12.18.

  • 米国不動産王はREIT売却で新聞社買収
  • 銀行も大企業も苦しく中小企業への資金は細る


米国不動産王はREIT売却で新聞社買収


2006年11月に米国での最大のREIT売買がありました。ある事務所REITが360億ドル(当時の為替で4兆円)で売買されます。売主側は「墓場のダンサー」として有名なサミュエル・ゼル氏です。

1970年代の不動産不況時に「墓場で踊るか、それとも中に入るのか」…不人気不動産を買いたたき、相場上昇で売却する手法で米国最大級のREITをつくりあげます。筆者はこのゼル氏に会ったことがあります。人なつっこい笑顔が印象的でした。

ゼル氏が売りに回るのならアメリカの不動産価格もピークなのかな、とも思ったのですが、振り返ってみれば、最高のタイミングでした。お見事。

(日本経済新聞2006.11.21.)

ゼル氏自身もREIT売却で9億ドルを手にし、フォーブス誌によると個人資産50億ドルで世界158位。ゼル氏のビジネスはマスコミに向かいました。

名門新聞社シカゴ・トリビューン社を2007年4月に買収します。同社傘下にはロサンゼルス・タイムズや、大リーグ球団のカブスもあります。不動産業界から新聞業界オーナーへと見事に転身しました。

(日経産業新聞2007.4.9)

そのシカゴ・トリビューン社が2008年12月に破産法11条(日本での民事再生法)申請となりました。

ゼル氏は買収後に同社本社ビルを売却、主要紙の編集長交代や人員削減を進めました。しかし銀行借入の返済に行き詰まり破産法申請となったのです。不動産王には新聞社経営は無理だったのでしょうか。

(日本経済新聞2009.12.10.)

しかしゼル氏の面目躍如だそうです。破綻しても懐は痛まないようです。2007年4月の買収価格は82億ドルでしたが、ゼル氏が支払ったのは現金3億ドルだけ。この現金などを担保に、会社と従業員の年金基金が銀行団から借金して買い取ったのです。

最終的には年金基金を通じて2万人の社員が保有する形になりましたが、社員一人一人に議決権はありません。そしてゼル氏は5億ドルの追加で株式の4割を買い取れるオプションを持ちました。つまりシカゴ・トリビューンが破綻しても、資産50億ドルのゼル氏がかぶるのは3億ドルだけということです。

(日経産業新聞2009.12.10)

不動産業界で鍛えられたゼル氏にとって、新聞会社相手の交渉などは、その手練手管で赤子の手をひねるようなものだったのではないでしょうか。もしかすると、破綻までは予定の計画?。

ゼル氏の笑顔を思い出して、そんなことを思ってしまいました。これからの展開に目を離せません。

銀行も大企業も苦しく中小企業への資金は細る


岐阜銀行は経営再建中です。業績悪化で株価が急落します。同銀行の株式20.8%を保有するのは東京三菱UFJ銀行です。岐阜銀行は東京三菱UFJ銀行に資本増強を泣きつきます。

しかしは東京三菱UFJ銀行の副頭取は「自力で頑張っていただくしかない。」とすげない返事。やむなく岐阜銀行は同行株式の1.6%を有する十六銀行に頭を下げることになりました。

東京三菱UFJ銀行ですら関連銀行を救済する余裕がなくなっています。大手銀行そのものの自己資本が心配な状況です。金融庁は日経平均が6000円に下落したと想定して銀行の自己資本を試算するほどに、危機感を強めているようです。

(週刊ダイヤモンド2008.12.20.)

その大手銀行に大手企業から融資要請が押し寄せています。優良大企業は、無担保社債やコマーシャルペーパー(無担保の割引手形)を発行し、それを金融機関や機関投資家などに引き受けてもらい資金調達することが普通でした。

しかし金融市場の混乱で社債やコマーシャルペーパーの引き受け手が激減しました。社債発行を諦めて銀行借入にたよった会社は、日本通運300億円、横河電機260億円、フジクラ150億円…です。新たな借入や借入枠設定をしたのは、東芝5000億円、第一三共2100億円。

銀行も貸し出し余力に窮しており、大手銀行は「殺到している貸し出し要請にはすべてこたえるのは不可能」ということで、社債償還金が借りられずに、手元資金を取り崩した会社も現れています。

銀行との親密大企業が頭を下げて銀行に貸し出し要請をすれば銀行としてはそちらに優先的にお金を回わすでしょう。これから年末・年度末にかけて中小企業へ回る資金はより細ります。

(日本経済新聞2008.12.10.)



cats_back.gif





バードレポートとは


 
clip_blue_1.gif




前号

次号


関連する項目
不動産ビジネス手法
不動産と金融会計
相続税対策申告
トピックス版2008年

このレポートと同じ年分リスト
2008年リスト




あんしん生命資料請求
  • 使わなかったら払った保険料が全額戻ってくる医療保険

保険ショップインフォ
  • 地域から探す
  • 保険ショップの使い倒し方

保険ショップ


バードレポート

Google
Web検索
当サイト検索

バードレポート項目別
不動産ビジネス手法
不動産賃貸経営
不動産と金融会計
定期借地権定期借家
不動産証券化
債務整理と企業再生
不良債権処理
債務処理の税務
相続税対策申告
路線価評価相続評価
物納と相続税調査
譲渡税買換特例
住宅税制住宅減税
固定資産税
税制改正
その他不動産税制
その他税制
相続対策と遺産分割
生命保険
その他不動産関連
その他
トピックス版・年別リスト
カネボウ劇場
発行元情報

バードレポート発行順
発行年順リスト
clip_blue_1.gif
clip_blue_3.gif