トピックス版2010.9.23.




グーグルマップ無料化・リート価格回復プロセス



バードレポート・トピックス版2010.9.23.

  • グーグルマップ無料化でHOME'Sは掲載無制限に
  • 「住みたい街」トップは吉祥寺と芦屋
  • 今回のリート価格回復のプロセス


グーグルマップ無料化でHOME'Sは掲載無制限に



グーグルマップで不動産物件検索・物件掲載料無料が始まって一カ月が経過しました。

グーグルで「賃貸マンション 大阪市」検索だと「大阪府大阪市 付近の賃貸マンションの検索結果」という目立つ地図が一位に現れ、クリックすると大阪市の各宅建業者が地図上での赤マル表示されています。つまり物件検索でなく業者検索なのです。

ところが「アパート 大阪市」だと「大阪府大阪市 付近のアパートの検索結果」となりクリックすると、宅建業者ではなく、膨大な数の大阪市のアパートが地図上に赤マルで表示されていました。

「アパート 大阪市」での検索順位一位はグーグルマップ。二位は「大阪HOME'S 賃貸マンション・賃貸アパートなど大阪の不動産物件」でした。

宅建業者向け有料掲載の物件掲載サイトHOME'Sにとっては、突然に強大な強敵が出現したのです。検索順位はグーグルマップには勝てません。

このHOME'Sがこのグーグルマップに対抗するため料金体系を2011年1月から変更します。

従来の基本料金は月額15,000円です。賃貸20件売買20件といった物件掲載料を含み、100件掲載追加で35,000円追加といったような料金体系です。

変更で基本料金は月額10,000円に値下げし、掲載物件数は無制限に変わります。その上で、サイト経由のメールや電話での反響があったら反響一件ごとに課金するというシステムになります。

反響一件当たり、賃貸なら賃料の2.0%から5.5%(反響数が増えると料金が下がる料金体系で、問い合わせ61件以上で2.0%)、売買なら物件価格の0.01〜0.05%(問い合わせ21件以上で0.01%)という料金体系です。

家賃10万円なら、メールか電話での問い合わせ1件あたり2,000円から5,500円、3千万円の売買物件だと3,000円から15,000円となります。

HOME'Sは契約店舗数11,000店、掲載物件160万件の実績です。にもかかわらずグーグルとの対抗上、掲載無料にせざるをえないようです。

一方でグーグルと提携して不動産情報の取りまとめ役の地位を得たジアース(旧アイディーユー)は、取りまとめ役の立場は確保したものの無料ビジネスのようで、今のところコストだけはかかるものの収益モデルがはっきりしません。

無料化推進の当事者であるグーグル社はともかくとして、それ以外のビジネス参加者すべてが苦しむ消耗戦に突入する可能性もあります。

「住みたい街」トップは吉祥寺と芦屋



不動産大手8社による「メジャーセブン」の調査が発表になりました。新築マンションを購入する意向の4501人を対象とするインターネット調査です。

「住みたい街」首都圏のランキングは3年連続で「吉祥寺」がトップで、2位自由が丘、3位横浜、4位二子玉川、5位恵比寿、6位広尾、7位の鎌倉まで昨年と同じです。関西圏は上位5位まで兵庫県です。6年連続で「芦屋」がトップで、2位西宮、3位神戸、4位夙川、5位岡本、6位千里中央、7位梅田。

「今後発展して暮らしやすくなりそうだと思う街」については、首都圏での1位は「東京スカイツリーの建設が進む押上、墨田周辺エリア」。2位「駅前大規模再開発、商業ビルがオープンした二子玉川周辺エリア」、3位「再開発、商業ビルのオープンが続く五反田、大崎、品川周辺エリア」4位「高層マンション群の建設が進む武蔵小杉周辺エリア」。

関西圏での1位は「西宮ガーデンズのある西宮北口駅周辺エリア」2位「百貨店や高層マンションの建設が進む大阪・梅田エリア」、3位「交通の便がよく、駅前再開発も進む千里中央周辺エリア」。

今回のリート価格回復のプロセス



これまではリートが値下がりすると外人のリスクマネーが値上がり期待で流入し、その後に国内の機関投資家が続き、株価が回復するというプロセスでした。しかし今年春からの価格回復はプロセスが違うようです。

国内機関投資家や外国の年金などの資金が流入したようですが、値上がりキャピタルゲインを狙うというよりは、価格下落により大きな値下がりリスクが消えた中で、インカムゲインの獲得が主目的になってきたようです。そして年金を除く外国投資家の資金は戻ってきてはいないようです。

(住宅新報2011.9.21.野村不動産投信社長へのインタビュー記事)



cats_back.gif





バードレポートとは


 
clip_blue_1.gif




前号

次号


関連する項目
不動産ビジネス手法
不動産と金融会計
相続税対策申告
トピックス版2010年

このレポートと同じ年分リスト
2010年リスト




あんしん生命資料請求
  • 使わなかったら払った保険料が全額戻ってくる医療保険

保険ショップインフォ
  • 地域から探す
  • 保険ショップの使い倒し方

保険ショップ


バードレポート

Google
Web検索
当サイト検索

バードレポート項目別
不動産ビジネス手法
不動産賃貸経営
不動産と金融会計
定期借地権定期借家
不動産証券化
債務整理と企業再生
不良債権処理
債務処理の税務
相続税対策申告
路線価評価相続評価
物納と相続税調査
譲渡税買換特例
住宅税制住宅減税
固定資産税
税制改正
その他不動産税制
その他税制
相続対策と遺産分割
生命保険
その他不動産関連
その他
トピックス版・年別リスト
カネボウ劇場
発行元情報

バードレポート発行順
発行年順リスト
clip_blue_1.gif
clip_blue_3.gif