トピックス版2012.8.16.




アマゾンの米国売上税の納税姿勢・日本での法人税



バードレポート・トピックス版2012.8.16.
  • インドネシアでの納税者の納税率は2割未満
  • 米国内でのアマゾンの売上税の納税姿勢
  • 自国米国でそこまでやるのなら日本では?


インドネシアでの納税者の納税率は2割未満


インドネシアでは「国民の納税意識が薄く、義務が浸透していない(同国の税務局長)」といいます。

所得税納税義務ある国民は5500万人。しかし昨年の納税者は2割に満たない900万人。法人で納税義務のある1200万社のうち納税したのは50万社です。

中小零細企業や低所得者は納税額が少ないために徴税に力は入らず、税務署職員が脱税に関わる事件が後を絶ちません。 (エコノミスト2012.8.21.)

米国内でのアマゾンの売上税の納税姿勢


ネット普及前の米国最高裁判決に、州内に物理的存在なければ売上税(州税)は非課税とあります。

アマゾン社は自社の物理的存在(倉庫等)がない州の注文者には売上税を上乗せしていません。その売上税分4〜9%は消費者への値引きの原資になります。

ニュージャージー州の普通の本屋さんが州議会公聴会で訴えます。アマゾンは売上税分を値引きし、自分のような従来型小売店の売上を奪っている、と。

アマゾンは同州で売上税7%を上乗せすることで州知事と合意しました。州は交換条件としてアマゾンの物流拠点2カ所の建設を支援します。

テキサス州は2010年に2億6900万ドルの売上税納税をアマゾンに要求したところ、アマゾンは同州にあった倉庫を閉鎖してしまいました。そうすることで物理的存在をなくしてしまうという節税策?。

ちなみにアマゾンが売上税を上乗せしているのは全米でわずか6つの州だけなのです。日本の消費税は多段階課税の付加価値税ですから、企業は消費税申告で、支払い消費税額を仕入税額控除として控除できます。米国の売上税は最終消費者への売上時一回限りの一段階課税です。(日経ビジネス2012.7.30)

自国米国でそこまでやるのなら日本では?


日本でアマゾンから本を買った時の領収書の発行者は米国ワシントン州所在のアマゾンコムインターナショナルセールス社(以下「米国アマゾン」)。私たちはこの米国アマゾン社で本を買っているのです。

2009年に米国アマゾンは東京国税局から140億円の課税処分を受けました。日本国内に恒久的施設を持たない法人に日本の法人税納税義務はありません。

日本にある物流センターは日本法人の所有です。米国アマゾンは販売流通業務を日本法人に委託しているのであり、日本には恒久的施設を有しません。

そもそも物流センターという一時的商品保管場所は租税条約上で恒久的施設には該当しません。

しかし米国アマゾンのパソコンや機器類が物流センターに持ち込まれていた等で、実質的に日本国内に恒久的施設ありとして国税局は課税しました。

課税問題は日米二国間協議となります。アマゾンがもし日本の法人税を払っても米国での法人税から外国税額控除されます。アマゾンはどっちでもいいのです。税金を取る国と国とが取り合い協議です。

この争いは法人税でした。消費税は国内取引とモノ輸入が対象です。アマゾンの領収書には「税込」表示があり国内取引として消費税を上乗せしています。(日経産業新聞2010.5.12.納税通信2009.7.27. )

さてGoogleリスティング広告(検索結果の上部に表示されるクリック広告)の広告費に消費税は上乗せされません。相手はGoogle日本法人でなく米国Google社であり消費税とは無関係な存在だからです。

国内取引でもモノ輸入でもないので消費税は課税されず、広告主の日本企業から消費税を取りません。

いくら多額の広告費でも消費税なしです。ただ企業にとり「消費税なしでラッキー」とは言えません。

それは企業が消費税申告時に納税額から控除する仕入税額がないだけのことです。当然といえば当然、それが消費者ではなく事業者にとっての消費税です。

リスティング広告に多額を投じた企業はこの段階で、予想外に多額となる消費税納税額に驚きます。

楽天は海外子会社から日本へ電子書籍配信


「電子書籍の事業主体は買収したカナダの会社だ。消費税は消費者が(実質的に)納めるもので、いくら(関連条文を)読んでも消費者から消費税をいただく筋道が立たない」。楽天の三木谷社長の説明です。

海外からの電子書籍の配信サービスはモノ輸入ではないからです。一方で、紀伊国屋書店の国内電子書籍なら国内取引なので消費税課税です。アマゾンは海外から日本向け配信サービスを始めると見られます。(日本経済新聞電子版 2012.7.26.)

消費税10%となれば、楽天やアマゾンと紀伊国屋書店との価格差は最初から10%となってしまいます

cats_back.gif





バードレポートとは


 
clip_blue_1.gif




前号

次号


関連する項目
不動産ビジネス手法
不動産と金融会計
相続税対策申告
トピックス版2012年

このレポートと同じ年分リスト
2012年リスト




あんしん生命資料請求
  • 使わなかったら払った保険料が全額戻ってくる医療保険

保険ショップインフォ
  • 地域から探す
  • 保険ショップの使い倒し方

保険ショップ


バードレポート

Google
Web検索
当サイト検索

バードレポート項目別
不動産ビジネス手法
不動産賃貸経営
不動産と金融会計
定期借地権定期借家
不動産証券化
債務整理と企業再生
不良債権処理
債務処理の税務
相続税対策申告
路線価評価相続評価
物納と相続税調査
譲渡税買換特例
住宅税制住宅減税
固定資産税
税制改正
その他不動産税制
その他税制
相続対策と遺産分割
生命保険
その他不動産関連
その他
トピックス版・年別リスト
カネボウ劇場
発行元情報

バードレポート発行順
発行年順リスト
clip_blue_1.gif
clip_blue_3.gif