トピックス版20013.6.20.




お金ジャブジャブ・リスケ企業無担保融資・国費不動産ファンド



バードレポート・トピックス版2013.6.20.

  • 不動産に更にお金がジャブジャブやってくる?
  • 何と、リスケ企業向けの無担保融資の新商品
  • 国費投入のための不動産ファンド案件を公募
  • 不動産共有持ち分買い取りの地下鉄車内広告

不動産に更にお金がジャブジャブやってくる?


4月30日に金融庁が「金融機関向け監督方針」を改正しました。銀行の融資姿勢が変わります。

「顧客企業の経営改善や事業再生に向けた支援のみならず、適切にリスクを管理しつつ、新規融資を含む積極的な資金供給を行い、顧客企業の育成・成長を強力に後押しするという金融機関が本来果すべき役割を一層促していくことが求められている。」 

つまり前向きにドンドン貸せと言っているのです。そして次のように取り組めと指導します。

「新規融資…について、どのような経営方針の下で積極的に取り組んでいるか。資金需要の高まりが期待できる事業分野や地域について…新規融資の戦略・方針・具体的な目標等を立てているか。」

 貸出目標を設けて積極的に貸し込め。銀行は新規融資せざるを得ません。融資実績を上げるための手っ取り早い「資金需要の高まりが期待できる事業分野」は不動産です。

すでに銀行のお金は不動産へたっぷり来ているようですが、更にジャブジャブに?。

何と、リスケ企業向けの無担保融資の新商品


「貸付条件の変更等を行った債務者についても、債務者の実態を十分に把握した上で、新規融資に積極的に取り組んでいるか」。金融安定化法の金利減免等リスケ企業にもドンドンと新規融資しろ。

さっそく中国銀行が新商品です。何とリスケ企業向けに無担保融資を新商品化してしまいました。100万円から3000万円を限度に無担保で各支店長の決裁で貸し付けます。期間は長め、利率も従来より低利です。(日経地方版2013.6.4.)

お金がだぶつき銀行間の融資競争も続いています。

住宅ローン10年固定金利は上がりましたが、メガバンクの3年固定金利住宅ローンは1.5-1.2%から0.6%へと一気に利下げ競争です。変動金利0.875%より低い固定金利となったのです。

もっとも、「これは安い」と安易に借りてしまうと3年後の金利次第では地獄が待っています。

国費投入のための不動産ファンド案件を公募


政府緊急経済対策の不動産ファンド事業が動き出します。国交省と環境省が350億円を用意しこれを元手にファンド案件を公募します。なお日銀は市場での上場REIT購入を続けていますが、その残高は約1400億円なので、その4分の1の規模です。

対象は旧耐震ビルの耐震改修や、建物環境性能基準を満たすための改修、建て替え、新規開発。民間の老朽化不動産の改修や建て替え、あるいは未利用地開発が国費投入の国家プロジェクトになるのです。

7月に投資計画とファンドマネージャー(不動産運用会社)公募です。5-7のファンドが採用され、1ファンドあたりで50-100億円程度となります。

全体では350億円から制度運営経費などを除き90%が出資(エクイティ)に回り同額を民間が出資したとして、更に出資合計額と同額の借り入れをしたとして、総投資額は1200億-1300億円になります。

大手不動産会社には資金調達的に魅力なしとしても、物件バリューアップを手掛ける中堅ファンド会社には国のお墨付きとなるありがたい資金でしょう。

REITがファンドに築年数の古いビルを売却し改修後再取得との使い方もあるようです。各ファンドとも運用開始から10年間で売却清算します。

7月に公募、10月に決定、2014年3月末までに各ファンド出資枠が決まります。

(日経不動産マーケット情報2013.6.)

不動産共有持ち分買い取りの地下鉄車内広告


東京都営地下鉄の車内に「共有でお持ちの不動産を持分のみで買い取ります。…貸地・貸家・老朽アパート」との大きな車内広告が出ていました。

兄弟間での共有相続は基本的には失敗相続です。いつか喧嘩になります。遺産分割で共有になり争いの火種を残した不動産。相続争いで未分割共有のまま100年裁判中の不動産。その相続争いのウルトラ最終解決は持分売却です。他人に売ってしまえば他の相続人とは関係も途切れスッキリします。

持分を(多分安く)買い取った事業者が、買い取った旨を他の相続人に通知します。

広い土地ならば共有物分割請求も理屈上では可能ですが、普通なら驚いた他の相続人が(多分そこそこの金額で)慌てて買い取って解決するでしょう。

これで相続共有不動産問題がスッキリと最終決着です。そんな車内広告がされる世の中になりました。





cats_back.gif





バードレポートとは


 
clip_blue_1.gif




前号

次号


関連する項目
不動産ビジネス手法
不動産と金融会計
相続税対策申告
トピックス版2013年

このレポートと同じ年分リスト
2013年リスト




あんしん生命資料請求
  • 使わなかったら払った保険料が全額戻ってくる医療保険

保険ショップインフォ
  • 地域から探す
  • 保険ショップの使い倒し方

保険ショップ


バードレポート

Google
Web検索
当サイト検索

バードレポート項目別
不動産ビジネス手法
不動産賃貸経営
不動産と金融会計
定期借地権定期借家
不動産証券化
債務整理と企業再生
不良債権処理
債務処理の税務
相続税対策申告
路線価評価相続評価
物納と相続税調査
譲渡税買換特例
住宅税制住宅減税
固定資産税
税制改正
その他不動産税制
その他税制
相続対策と遺産分割
生命保険
その他不動産関連
その他
トピックス版・年別リスト
カネボウ劇場
発行元情報

バードレポート発行順
発行年順リスト
clip_blue_1.gif
clip_blue_3.gif