トピックス版20013.8.22.




投資減税と税率引下・金先物と消費税・大型補正と消費税



バードレポート・トピックス版013.8.22.

  • 投資減税と法人税率引き下げと製造業
  • 金先物取引を使い消費税増税で儲けるには
  • 好景気は大型補正予算と消費税駆込需要のお蔭?

投資減税と法人税率引き下げと製造業


各省庁は成長戦略への駆け引きの真っ最中です。
投資減税だけでは株式市場が評価しないからと安倍首相が法人税率引き下げの検討を求めた、と日経が一面で報じました。しかし麻生財務大臣は即座に事実否定します。(日経新聞2013.8.13.)
日本の製造業のGDP占率は20%に過ぎません。財務省はその製造業対象の投資減税でお茶を濁したいのでしょう。税率引き下げは全企業対象ですから。
しかし税率引き下げ要望は根強く「引き下げは極めて重要な課題(茂木経産大臣)。」
オバマ大統領は米国法人税率の7%(製造業10%)引き下げを提案です。各国とも税率を引き下げ、自国企業を国内に留まらせ、外国企業を誘致します。
野田自民党税調会長はアメ(減税)だけでなくムチを使えと各省に反撃します。省エネ基準未達なら改善命令で設備を強制更新させろ、耐震基準未達ビルには課税強化で耐震工事や再開発をさせろ。
経産省や国交省側は、それでは「企業の活力を損ねてしまう」(日経新聞2013.8.20.)。
また、日本経団連の米倉会長は「投資減税だけでは企業は動かない」(日刊工業新聞2013.8.8.)。
米倉会長が会長を務める住友化学はエチレン製造設備を停止し国内生産から撤退したばかりです。
「日本国内では設備投資しません。外国でなら考えますが。」だから「投資減税だけでは企業は動かない」ということなのでしょう。

金先物取引を使い消費税増税で儲けるには


金先物取引の中心は、決済まで最も期間の長いものです。現在なら2014年6月に決済期日が到来する2014年6月物です。そして期間が長いものが高値になるのが普通のようです。しかし2014年2月物が4月物・6月物より高くなりました。
金先物の買い手は期限までに売り戻して決済するのが普通で、そのときは消費税抜きです。
しかし決済時に現金を売り手に払って、金地金(又は倉荷証券)を売り手から取得することができます。このときは消費税5%別途支払いとなります。
2014年2月物を買う際に4月物を売っておき、こちらは4月末に買い手から現金をもらって決済します。消費税別途になり、その消費税は8%のはず。
相場が1グラム4000円とし、4200円(消費税5%)で買って、4320円(消費税8%)で売るのです。
消費税課税事業者である法人なら(仮受消費税320円−仮払消費税200円=120円)を国に納税するので儲けにも損にもなりません。しかし消費税納税義務のない個人投資家ならばそっくり儲けです。
2月末に受け取った現物を4月に受け渡すだけ。1キロ400万円の投資で12万円の利ざやとなります。 (日経新聞2013.8.15.)
なお、貴金属商の店頭で3月に金の延べ板を買い4月に同じ店頭で売っても消費税は同様になります。

好景気は大型補正予算と消費税駆込需要のお蔭?


確かに景気は良い感じです。それはアベノミクス財政出動での2月成立の13兆円大型補正予算による官公需公共工事の執行が始まっていることと、消費税駆け込み需要だけではないか、との声もあります。
2013年3月国内銀行の設備投資への新規貸出額の貸出先別ウェイトを見ます。製造業のウェイトは5%、不動産業25%、個人(大部分は住宅ローン)36%。
自動車メーカーが注目されますが、自動車などの輸送用機械に限ればウェイトわずか1%です。
設備投資貸出を牽引するのは、製造業ではなく、消費税駆け込み需要の非製造業「不動産」と「個人」、それに財政出動公共工事の「建築」のようです。
(週刊東洋経済2013.8.10-17.野口悠紀雄氏)
GDP先行指標となる機械受注統計6月分が8月13日に公表です。製造業の設備投資は大きく伸びません。25年4-6月は製造業8668億円・官公需8874億円とほぼ同額。最近の推移をご覧下さい。
公共工事の官公需が凄い伸びです。製造業からの機械受注は期待されてはいても、まだこの水準です。
-内需
(官公需
製造業非製造業)外需(輸出)
H23_7-96,22210,03712,755 24,806
H23_10-126,9839,67012,64225,429
H24_1-37,6109,63912,90227,262
H24_4-67,6889,31312,80723,008
H24_7-97,2019,03112,77120,593
H24_10-126,9428,55013,49121,245
H25_1-36,9488,40613,07223,669
H25_4-68,6688,87414,70124,836

cats_back.gif





バードレポートとは


 
clip_blue_1.gif




前号

次号


関連する項目
不動産ビジネス手法
不動産と金融会計
相続税対策申告
トピックス版2013年

このレポートと同じ年分リスト
2013年リスト




あんしん生命資料請求
  • 使わなかったら払った保険料が全額戻ってくる医療保険

保険ショップインフォ
  • 地域から探す
  • 保険ショップの使い倒し方

保険ショップ


バードレポート

Google
Web検索
当サイト検索

バードレポート項目別
不動産ビジネス手法
不動産賃貸経営
不動産と金融会計
定期借地権定期借家
不動産証券化
債務整理と企業再生
不良債権処理
債務処理の税務
相続税対策申告
路線価評価相続評価
物納と相続税調査
譲渡税買換特例
住宅税制住宅減税
固定資産税
税制改正
その他不動産税制
その他税制
相続対策と遺産分割
生命保険
その他不動産関連
その他
トピックス版・年別リスト
カネボウ劇場
発行元情報

バードレポート発行順
発行年順リスト
clip_blue_1.gif
clip_blue_3.gif