トピックス版2015.2.26.




家賃のクレジット・持ち株会社と研究開発の税・金融庁と保険代理店



バードレポート・トピックス版 2015.2.26.

  • 家賃のクレジット払いは普及するか
  • 持ち株会社と研究開発メーカーへの法人税
  • 金融庁は保険代理店を直接監督する


家賃のクレジット払いは普及するか


管理受託したアパートから賃貸管理会社が受け取る管理手数料の相場は家賃の5-10%。カード決済ならクレジット会社に支払う決済手数料は5%前後。

つまり月々家賃をクレジット払いにすると、管理会社は立ちゆきません。だから家賃へのクレジットカード導入は懐疑的にみられていました。

しかし導入すれば滞納リスクは軽減されます。またIT化が進みカード決済のハードルが下がります。

大東建託は家賃のオンライン決済のカード払いで分割リボ払いにまで対応。アットホームは初期費用更新料等へ中国銀聯も利用できるサービスを全国5万2000店の加盟店に提供。HOME'S(ネクスト)が加盟店に提供する決済サービスの決済手数料は2.4%にまで下げました。(週刊住宅2015.1.26,2.2.)

持ち株会社と研究開発メーカーへの法人税


中小企業の法人税率は一部が低いのですが、それでも利益が1000万円強で法人税等は300万円程です。

さて三井住友FG(ファイナンシャルグループ)単体の法人税等は2年続けて約300万円です。中小企業も「当社は三井住友FGより多くの税金を国に払っていて国に貢献している」と胸を張れます。

なぜそんなに少ないのか。子会社から配当金を受け取っても法人税が課税されないからです。三井住友FGは持ち株会社で、事業会社の三井住友銀行の親会社です。銀行の利益に法人税が課され、法人税納税後の利益を配当金として親会社のFGが受け取ります。この配当金に更に法人税を課税すると法人税二重課税になるからという理屈です。

FG単体の売上2203億円の内2068億円が受取配当金でここには法人税はかからず、法人税等は300万円になりました。だから三井住友FG単体に課税される法人税は中小企業並みなのです。

三井住友銀行単体は税引前利益9464億円、法人税等を1828億円払い、税効果(貸倒処理が早過ぎた等でこれまでに余分に払ってきた法人税等)を考慮すれば3412億円となり、税率では36%を払いました。

トヨタの納付税額は4921億円ですが、これは試験研究費の税額控除1342億円が安くなった金額です。トヨタの試験研究費の一部1342億円が税額から値引かれます。実質的に国の補助金です。

本来の法定実効税率は37%ですが、この補助金でトヨタは税率7%分が下がり、ここだけ見ればトヨタの実質的な実効税率は37%でなく30%なのです。

トヨタは日本の成長エンジンなので国の補助金も当然でしょうが国民はそれを知りません。日産への補助金402億円、武田薬品240億、デンソー212億、キャノン187億、NTT181億、JR東日本111億。

試験研究費はほぼメーカー限定。不動産・金融・サービス業とメーカーとは負担税率が違うのです。

(税経通信2015.1月号 富岡幸雄氏、各社IR資料)

金融庁は保険代理店を直接監督する


「保険会社向けの総合的な監督指針」等の改正案が2015年2月18日に公開されました。

「保険会社は、保険募集人が保険契約者等の利益を害することがないよう、適正な保険募集管理態勢を確立する必要がある。」が「保険会社及び保険募集人は、保険契約者等の利益を害することがないよう、適正な保険募集管理態勢を…」と変わります。

これまでの金融庁は保険会社を監督し、保険会社に保険代理店(保険募集人)を監督させました。今回の改正で、金融庁は保険会社だけでなく保険代理店をも直接に監督できるようにしたのです。

これまでの保険代理店は面倒なことは保険会社にお任せのオンブにダッコでしたが、代理店は「自分でやれよ」と保険会社から求められるはずです。

大規模保険代理店(手数料が10億円以上、又は、15以上の生保会社の商品を扱う)、つまり大手保険ショップや大手乗合代理店、保険窓販銀行は、特に様々な義務が課されます。会社を分社して10億円未満にする?。15社なら14社に減らす?。保険代理店が保険会社を選択し、弱小保険会社は消されます。

複数保険会社商品を扱う乗合代理店には「各商品をきっちり比較説明しろ」。昔は「比較するな」と言われましたから隔世の感です。多くの保険会社商品を扱うと面倒になりますから代理店が保険会社を絞ります。魅力的商品のない保険会社は消されます。

「あなたに保険を売って、当保険代理店は幾らの報酬を保険会社から貰いました。」と顧客に開示すべきとの議論がありましたが、これは見送り確定。保険会社・保険代理店ともどもホッとしています。


cats_back.gif





バードレポートとは


 
clip_blue_1.gif




前号


関連する項目
不動産ビジネス手法
不動産と金融会計
相続税対策申告
トピックス版2015年

このレポートと同じ年分リスト
2015年リスト




あんしん生命資料請求
  • 使わなかったら払った保険料が全額戻ってくる医療保険

保険ショップインフォ
  • 地域から探す
  • 保険ショップの使い倒し方

保険ショップ


バードレポート

Google
Web検索
当サイト検索

バードレポート項目別
不動産ビジネス手法
不動産賃貸経営
不動産と金融会計
定期借地権定期借家
不動産証券化
債務整理と企業再生
不良債権処理
債務処理の税務
相続税対策申告
路線価評価相続評価
物納と相続税調査
譲渡税買換特例
住宅税制住宅減税
固定資産税
税制改正
その他不動産税制
その他税制
相続対策と遺産分割
生命保険
その他不動産関連
その他
トピックス版・年別リスト
カネボウ劇場
発行元情報

バードレポート発行順
発行年順リスト
clip_blue_1.gif
clip_blue_3.gif